歯並び

歯並びと咬み合わせは、なぜ大切なの?

更新日:

歯のはたらきといえば、食べ物を咬むことが一番大きく大切な役割ですが、その単純な行為でさえ、歯並びや咬み合わせが悪いために、正しく行われず、結果として体のあちらこちらに悪影響を及ぼすことになるようです。

歯並びが悪いということは、見た目以外にもさまざまな問題を引き起こします。たとえば、歯ブラシが歯の間に入りにくいことから、虫歯になったり、歯周病になる可能性も高くなるかもしれません。さらには、歯の位置の異常から、咬み合わせの悪さを引き起こすことにもつながります。普段は無意識のうちに行っている、食べ物を咬む行為は、さまざまな咀嚼筋のほか、唇や頬、舌などの筋肉が互いに連携をとりながら行われ、これらは脳に伝わり咀嚼運動を調節しているのです。たった一本の歯並びが悪いだけでも、それが引き金となって下あごのズレや歪みに発展することもあるようです。

また、正しい発音をするのも歯は大きな役割を担っており、きれいな歯並びときれいな発音をすることは、ほぼ比例していると言えるかもしれません。

また近頃ではあまり硬い食べ物を口にしなくなったこともあり、あごの発達が悪くなることによる不正咬合が増えてきていることも問題のようです。不正咬合とは上下の歯が正しく噛み合っていないことですが、あごが発達していないということは、歯が生えてくるスペースが足らなくなり、そこに無理やり歯が生えてくるために生じる現象です。そのほかにも咬み合わせが悪くなる原因はあるようですが、いずれにしても歯の左右のバランスが対称でないことから、肩こり、首こり、腰痛にまで発展することがあるようです。

 

-歯並び

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2022 All Rights Reserved.