歯並び

審美歯科と矯正歯科

更新日:

歯並びが悪い場合の改善方法には二つあり、一つは、自然の歯の状態を保ったまま歯並びを調整していく歯列矯正で、もう一つは、歯を削って神経をとり、セラミッククラウンなどを被せて歯並びを改善する審美歯科矯正です。

審美歯科矯正は、通院回数が少なくて済み、治療期間も短いこと、ブラケットなどの矯正用装置をつけなくてすむなどの利点がたくさんあります。ただし、最大の欠点となるのが、歯を大きく削らなければならないという点です。

仮に歯を削って審美歯科矯正を行ったとしても、根管治療自体が正しく行われてない場合は、歯が内部から腐敗したり、根の先のトラブルによる痛みや腫れを繰り返すリスクも抱えているようです。クラウンの材質にはセラミックやメタルなどの違いはあるにせよ、ミクロン単位までの精密な適合が必要であり、それ以上の隙間があると細菌が入り込み、虫歯になってしまいます。また根管治療においても、腐敗した部分を完全に削り取り、歯根の先まで緊密に補填が十分されていないと、腐敗が進行し、抜歯しなければならないということになるかもしれません。

そもそも神経をとった歯は、栄養供給が断たれ脆くなるため、クラックや破折を起こしやすく、将来、抜歯せざるを得ない可能性も高くなります。審美歯科矯正には、表から見えない根管まで適切に治療がされていない場合は、自然の歯ではないことによって起こるトラブルを抱えやすいというリスクが伴います。

最近では、審美的な要求度から、咬み合わせでいちばん力がかかる奥歯でさえもセラミッククラウンで白くしたいという希望も増えてきているようですが、重要なのは治療後もよい状態が続くことであり、食べ物の嗜好や骨格や咬む力などから判断して、適切な材料でできたクラウンを歯科医と相談して選んでもらうことが大切なようです。

それに対して歯列矯正は、自然なままの自分自身の歯でありながら、きれいに整った歯並びになるので、根管治療やクラウンによるトラブルもなく、リスクはかなり少ないといえるかもしれません。ただし、治療期間は一般的に2年前後かかり、矯正用の装置をつけるとブラッシングが難しくなるため、事前に正しいブラッシングの仕方を習得したり、虫歯がある場合は治療をすませておくことが必要になります。

-歯並び

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2022 All Rights Reserved.