咬み合わせ

咬合調整

更新日:

咬合調整とは、上下の歯の当たり具合が悪いときに、その部分を削って調整する方法で、歯の当たり具合の強弱のバランスを整えたり、あごの運動がスムーズに行えるように調整するのが目的です。

歯はおもに凹凸の斜面の部分で噛み合っているので、一つの点だけが当たっている場合は、あごを横にスライドさせようとし、もしこの当たりが左右どちらかに偏っている場合は、あごはずれていくようになります。正しい咬合接触で左右バランスよく当たることによって、はじめて中心で安定した咬み合わせになるのだそうです。

咬合調整は、おもに咬み合わせの初期治療や、あごの位置を少し修正するときに用いられるようです。歯には咬み合わさることで位置を安定させる性質があるため、一つの歯が原因で狂った咬み合わせを放っておくと、全体の咬み合わせが狂ってきます。そうなると、最初の原因となった歯を処置しても、なかなか元にはもどらないことになります。そういった意味でも親不知の邪魔な当たりは早期に抜いたほうがよいという考えもあるようです。

咬合調整は、天然歯でも、被せ物であっても、入れ歯であっても、必要があれば行われ、1ミリ以下の咬合調整でも咬み合わせ全体が変わり、あごの位置や姿勢まで変わることもあるようです。入れ歯でも、長年の咬み癖などによって咬み合わせが大きく偏り、顔の形や姿勢にまで影響しているケースがあり、それが原因で耳鳴りやめまいを訴える人もいるようです。

一般的に、天然の歯は削らないという考えもありますが、天然歯が問題を起こして、あごのズレが生じているのであれば、削って調整することで、正しい位置に戻す必要もあるようです。大切な自分の歯を削ることには抵抗を感じる人も多いかもしれませんが、信頼のおける歯科医と相談して、歯からくるストレスをなくすことが身体にとってもよいようです。

-咬み合わせ

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2022 All Rights Reserved.