治療

インプラント

更新日:

インプラントとは、「植え付ける」という意味があり、心臓のペースメーカーもインプラントになります。歯科では、歯の抜けた部分のあごの骨に人口歯根を埋め込み、あごの骨と接合させたものを土台として人口の歯を装着する治療法のことをいいます。

インプラントの治療は、歯科医がきちんとした手順と注意点を守っていれば、信頼できる治療だということが分かってきて以来、急激に増えた一方で、インプラント治療後のトラブルも増えているという現状もあるようです。骨がない場所にインプラントを埋め込んだものの、何度も脱落してしまったり、治療後1年も経たないうちに、インプラント部分から膿が出てきたりなどさまざまです。なかでももっとも多いのが、補綴物をつけた直後から咬み合わせが悪くなったという例のようです。

治療のやり直しということになると、歯科医にとってかなり高度な技術力が必要になるため、洗浄処置などでごまかす歯科医もいるようですが、歯科医にとってインプラント治療を行うということは、治療する能力だけでなく、トラブルにも対処できる能力も要求されることになります。

インプラントはチタン製の装置で、歯根に近い形をしています。チタンはほぼ100パーセント、骨の細胞が異物反応をすることなく近寄って骨につく性質があるようです。

インプラント手術を受ける前には、血液検査、口腔内検査、エックス線検査、CT検査などを行う必要があります。さらに持病や虫歯や歯周病がないかをチェックし、インプラントが抜け落ちてしまう可能性を防ぎます。また、CT画像でシミュレーションを行うことで、手術中に血管や神経を傷つけるリスクを軽減するようです。インプラントがあごの骨としっかり結合するためにはある程度の時間が必要になるため、通常は2回に分けて手術を行うことが多いようです。

ただし、チタンアレルギーの人や、骨粗しょう症の薬を服用している人などが、インプラント治療が制限されることがありようですので、治療を受ける場合には確認することが必要となります。

-治療

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2022 All Rights Reserved.