治療

補綴物―クラウン、ブリッジ

更新日:

虫歯の治療などで歯を削ると、その部分に詰め物をしたり、上から被せたりしますが、このような詰め物や被せ物のことを「補綴物」と呼びます。クラウンやブリッジといわれるものも補綴物の種類ですが、補綴物をした直後は合っているように感じても、次第に違和感がでてきたり、その逆の場合もあるようです。
補綴物が歯にぴったりフィットしているかどうかは、非常に大切なことで、補綴物と歯との間に数十ミクロンの隙間があっても、唾液に溶けた糖分などが隙間に入り込み、虫歯をつくってしまうことがあるようです。また、被せる歯の前後との関係も大切で、前後の歯を押しすぎると、歯列が乱れたり、逆に隙間ができてしまうと、ものがはさまりやすくなるため、慎重に調整してもらうことが大切です。

補綴物は材料と設計によって、耐久性や性能に差が出るようですが、いい材料や設計のものでも、使用する人の口腔内の条件と合っていなければ、性能を発揮することは難しくなるようです。虫歯が小さい場合は、その部分だけを取り除いて詰めるだけで済みますが、大きい虫歯の場合は、詰めるだけでは不十分になります。
また、見た目を優先するか、機能を重視するかによっても、材料や設計が大きく変わってくるようです。耐久性の面からは、金属の材料に勝るものはないと言われていますが、外から見える部分は、白い補綴物が好まれる傾向になってきています。歯の中でいちばん力が加わる奥歯でさえも、見た目を重視してセラミックを選ぶ人も少なくないようです。
現在ではさまざまな材料のクラウンやブリッジがあるようですが、保険適用のものと適用外のものがあるようですので、歯の状態と機能、耐久性と審美性のバランス、費用を考えて、歯科医とよく相談して決めるのがよいかもしれません。

-治療

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2022 All Rights Reserved.