治療

入れ歯

更新日:

入れ歯は、根元から歯が無くなったときに使用する義歯のことで、部分入れ歯と総入れ歯があります。使用する人のほとんどは高齢者になりますが、よい入れ歯を見分けるポイントがあるようです。

最近では薬局などで手軽に入れ歯安定剤が手に入りますが、そもそもこれが必要になるということは、入れ歯が不完全だということになります。入れ歯と粘膜が均等に密着し、残りの歯に金具がきちんとかかっている場合は、安定剤は必要がないということです。歯がまったく無いときに装着する総入れ歯の場合でも、精密につくられていれば粘膜にしっかり吸い付くようにできているものです。

仮に入れ歯が不安定で、安定剤を使わざるを得なくなったとしても、長年使用することで、粘膜が炎症を起こしやすくなり、骨がやせて細くなりやすいというリスクもあります。また、少しずつ剥がれていく安定剤を、飲み込んでしまうことがあるため、長期間の使用は望ましくないようです。

入れ歯の性能を決める重要な要素のひとつは、入れ歯の咬み合わせが合っていることです。入れ歯が落ちたり、ゆるくなるのは、咬み合わせに問題があることもよくあることだそうです。金具や入れ歯自体の適合がよいだけではなく、咬むたびに入れ歯に剥がされるような力が加わらないようにつくることもポイントとなるようです。入れ歯の咬み合わせがずれた状態で使用を続けると、あごの痛みや頭痛、耳鳴りをまねくことにもなってしまいます。入れ歯は取り外しがすぐにでき、補綴物と比べると簡単に咬み合わせの修正をしてもらうことがでるため、不具合を感じたらすぐに歯科医に相談しやすいという点はよいことかもしれません。

さらに、入れ歯は口に入れる装置であるため、違和感をどれだけ小さくできるかもポイントとなります。違和感がないようにパーツを小さくすると強度が不足したり、破損の原因にもなりますので、可能な範囲で調整してもらうことが大切です。

-治療

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2020 All Rights Reserved.