歯のケア

歯科予防・ケア

更新日:

生涯、できれば自分の歯でおいしく何でも食べることができればと誰しもが望むことかもしれません。歯科治療においても、まず天然の歯を保存することを前提として、治療が進められます。ただ、保存治療にも限界があるため、歯の状態によってはあきらめなければならなくなる時期はいずれ来るにしても、日々のケア次第ではその時期を延ばすことは可能なようです。80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動もあり、その目標の達成率は増加してきているという調査結果もあります。

通常、ほとんどの歯科医院では、むし歯などで治療を受け、治療が最終日となったときに、歯石を取ったり、歯磨きの指導を行ったり、口の中のクリーニングをしてくれます。むし歯や歯周病にならないためにも、毎日の歯磨きは大切ですが、正しい磨き方がされていなければ、意味がないものとなってしまいますので、そのような機会を利用して、正しいブラッシングの仕方を身につけておくことが大切です。近頃では、治療だけでなく、ケアを重視した歯科医療を提供しているところも少なくないようです。歯磨きなどでは取れにくい細菌を徹底的に除去したり、歯周病の予防として、原因菌を直接除菌してくれるところもあるようですので、定期的にケアの目的で利用するのもよいかもしれません。

いずれにしても、健康な口腔状態を保つためには、家庭での日々のケアが大切となるようですので、使いやすい歯ブラシを使って正しい歯磨きを心掛けることです。歯ブラシだけでは不十分なところは、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助清掃用具を活用すると、より効果的になるかもしれません。

-歯のケア

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2019 All Rights Reserved.