むし歯

根管治療 

更新日:

根管治療とは、一般的に根の治療といわれるもので、むし歯の治療では「神経をとる」治療のことです。歯科ではポピュラーな治療ですが、その良し悪しが歯の将来を大きく左右するものとなるようです。

むし歯の初期の段階では、痛みは感じませんが、だんだんと広がるにつれ、冷たいものが沁み、さらにひどくなると化膿して炎症を起こし、強い痛みを感じるようになります。この段階になってようやく歯科医院を訪れる人が多いようですが、このときに行われるのが根管治療です。

歯髄はとても回復力が弱く、むし歯が進行し、細菌が入り込み炎症を起こすと、ほとんどの歯科医師は歯髄を助ける処置ではなく、麻酔をして、生きている歯髄を取り除く、処置を施すことになるようです。歯髄という組織は、いったん最近感染を起こすと、消毒や飲み薬だけでは回復させることができず、死滅してしまうということが分かっているからです。

仮に痛みをがまんしていると、いつのまにか痛みが消えてしまうこともあるかもしれませんが、これは、むし歯が治ったわけではなく、歯髄が死滅したために痛みがなくなってしまった状態で、実際には細菌がウヨウヨいるのだそうです。

歯科医にとっては、根管内の腐敗した組織を取り除き、消毒して、細菌が繁殖しないように補填材で密封することが完璧な治療ですが、粗雑な治療の場合は、細菌が残ってしまうこともあるようです。通常、細菌が残っていたとしても自覚症状はありませんが、体調不良になったりしたときに、歯茎は激しい痛みと腫れを引き起こすことがあるようです。

根管治療がきちんとされているかどうかは、レントゲン写真で見極められるようです。歯科医院では治療でレントゲン写真を撮ったとき、写真を見て歯の状態を説明してくれますが、根管内を補填材で密封すると、補填材はレントゲンでは白く写るようになっています。歯髄は黒いスジとして写りますので、神経を治療したにもかかわらず、黒いスジしか写っていないときは補填材が入っていないということになりますので、自分の目でも確かめてみるのもよいかもしれません。

-むし歯

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2022 All Rights Reserved.