歯のケア

歯を白くしたい

更新日:

人前に出る機会の多い人にとって、他人から見られることを意識するときに、歯は重要なポイントとなるようです。歯を白くしたり、歯並びや歯の形を整えたりすることは、見た目だけでなく、自分自身に自信が持てることにもつながり、メンタル面でもよい結果をもたらします。白い歯は、健康で若々しいイメージを与えるため、世代を問わず関心が寄せられているようです。

歯が黄ばむ原因としては、コーヒーや紅茶、赤ワイン、タバコのヤニなどの着色汚れ、加齢によるものなどが挙げられます。そんな黄ばんだ歯を白くするには、薬剤を使って白くする方法と、歯を削って被せ物をする方法とがあるようです。

自宅でできるホワイトニング法もあるようですが、満足できる効果が得られない場合や、歯や歯ぐきを傷つけてしまう可能性もあるため、歯科医師の診断を受けたほうがよさそうです。

歯のコーティングや被せ物をして白くする方法の代表に、ラミネートベニアというのがあります。ラミネートベニアは、歯を少し削るだけで効果が得られ、半永久的に維持できるのがメリットです。歯の表面にセラミックを張り付けて元の黄色くなった歯を覆いかくすため、ホワイトニングでは効果が期待できない場合に向いているようです。ただし、健康な歯の表面を削らなければならないため、大きなむし歯や外傷がある場合は、使用できないようです。歯ぎしりや食いしばりの癖がある人も、割れたり、剥がれたりする可能性が高くなります。

奥歯を白く見せたいという人には、セラミック素材のクラウンを歯全体に被せる方法があります。現在では耐久性に優れたセラミックもあるようですが、強度的には金属のほうが優れています。やはり健康な歯をある程度削らなければならないというデメリットはありますが、審美上すぐれていることや、金属アレルギーが起こる可能性も低いことから、オールセラミッククラウンにする人も多いようです。

-歯のケア

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2019 All Rights Reserved.