歯医者の選び方

よい歯医者とは 

更新日:

人それぞれ歯並びや咬み合わせ、咬み癖が異なっているため、歯科医はそれに合わせて治療する必要があります。痛みの原因がむし歯や歯周病だとしても、そこに至るまでの根本の原因が人によって異なるなら、歯科医はそれを知る必要があり、患者側も必要な情報は提供することも、よい治療に導くために必要なことのようです。

患者さんのなかには、自分は標準だという先入観を持ち、年齢による変化などを認めたくないという人もいるようですが、結果的に同じ問題を繰り返すことになってしまいます。目に見える部分やレントゲンのみでは、歯科医にとっても情報が不十分で、型にはまった治療のみで終わってしまうケースもあるようです。適切な治療を施してもらうためにも、自分の主訴や症状を明確に伝えることが大切で、歯科医に言われたことを素直に受け入れるという態度も必要になります。

歯医者であれば、言わなくてもわかってくれると思っていると、必要のないことまでされているという結果にもなりかねません。やはり歯科医と患者のコミュニケーションというのも大切で、そこから信頼関係を構築することもでき、結果的には自分に最適な治療法を提供してくれるようになっていくかもしれません。

医療技術は日々進歩していて、治療法も以前よりはるかに増え、多様化してきています。歯科治療も従来の分野に加え、インプラントや審美歯科、歯周形成外科の分野まで拡大しつつあるようです。たとえば咬み合わせの悪さが体調不良につながるように、幅広い視野で総合的に診ることが歯科医師にも必要な時代になってきています。その技術を一人ですべてマスターするのは難しいため、チームを組み連携して治療にあたるということも始められているようです。そういう治療方法になったとしても、歯科医から受けた説明に耳を傾け、自分でも理解しようとすることも大切かもしれません。

-歯医者の選び方

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2018 All Rights Reserved.