治療

リラックス歯科治療 

更新日:

歯科といえば、歯を削るドリルの音や消毒のにおいを連想して、歯科医院特有の環境がそもそも苦手という人は多いようです。それでも治療が必要な場合は、仕方なくドアを叩くことになるようですが、中には恐怖感のほうが強く、どんなに症状が悪化しても歯科医にかかれないという人もいるようです。そんな人たちのために、痛みを感じさせないための麻酔を施すリラックス歯科治療外来もできたようです。

実際の治療で行うリラックス法は主に3種類で、そのうちの一つは、催眠作用や健忘作用のある精神緩和剤を使うことで精神をリラックスさせる方法のようです。残りの2種類は全身麻酔薬を使って治療を行う方法のようですが、治療中は血圧などを測りながら、麻酔医による全身状態の管理が重要になる方法です。麻酔のための静脈注射の痛みを避けるため、患者さんによっては、貼っておくと皮膚の感覚が鈍り、注射針の痛みを感じなくなるという表面麻酔シールが用いられる場合もあります。

ただしこの方法は保険診療の対象とならないため、治療費は全額自己負担となるようです。それでも連日治療希望者がいっぱい訪れ、初診は1日2人までと限定されているため、最短でも半年待ちという歯科医院もあるようです。

このような人気を受けて、全国各地にもリラックス歯科治療を掲げた歯科医院が登場しているようで、ますまず需要は高まっていくと考えられています。この背景にあるのは、社会の高齢化で、認知症の患者さんのように自分で歯をみがくことが困難な人は、通常の歯科治療にかかるのは難しいため、全身麻酔を使った歯科治療が有効だと思ったことがきっかけとなったようです。

-治療

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2018 All Rights Reserved.