歯医者の選び方

歯科医とのコミュニケーション

更新日:

実際に、治療に入った後でも患者が抱く疑問や不満は多くありますが、インターネットで見かけた信じられない話としてかたられることが多いのは、担当の歯科医師がずっとマスクをしている上に、患者にほとんど話しかけないので「患者自身が全く歯科医師の顔を知らないというケースもあったようです。あなたが診察をするための台に乗って治療がすぐに始まってしまうために、ほとんど歯科医師の顔を確認することができなくなってしまったと言うことの極端な例のようですね。

ある歯科医師の話では内科、他の外科の病院とは違って、診察台が倒されるのが歯科治療ですので、あまり歯科医師自身の顔を見る機会はないのかもしれませんが、そもそも最初の治療に訪れた段階で、患者からヒアリングをしない時点でこのような歯科医師はあまり医師としてふさわしくないと言えてしまうかもしれません。

だって、患者が熱があったり、他の病気を抱えていたり、どんな薬を飲んでいるのかということを最初に確認しないと、歯科治療にも影響が出る可能性はあるわけですし、患者に興味を持って、様々な話をした上で緊張や不安を解き解いてから治療に取り組むという姿勢が重要だと考えるのは容易なことではないでしょうか?患者の不安を煽るような治療をしてしまっては、歯科治療の未来はないとも言えます。せっかく歯科治療の技術が大きく進歩しているのに、それに見合う人間の意識が進歩してないようでは、機械にまけてしまっているともいえなくもありません。

このように、一般的な歯科医院であれば患者に対してしっかりと会話のアプローチをかけて不安をといてあげるということをするようですが、このような礼儀やマナーがない歯科医院や歯科医師などもあるようですから少し注意しておくといいかもしれません。

-歯医者の選び方

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2018 All Rights Reserved.