歯医者の選び方

歯科医の能力試験

更新日:

とある歯科医師の話では、2005年から歯科医院の間に導入されている能力試験がマナーの向上に役立っていると言います。これは歯科医師が、まだ大学生のうちに、実習に入る前にこのタイプのいわばコミュニケーション能力試験に合格しなければならないということなのです。この試験には、当然診察の技術であったり態度であったりの他に、患者に対するマナーや礼儀と言う、言わば患者の気持ちに立った部分の評価点を厳しく判断されるわけです。

これはベテランの歯科医師である場合、このような能力試験が導入される前であったために、あまり患者への説明が適当でない方もよく見かけますが、現代ではむしろ2005年以降歯科医師になった若い方の方がコミュニケーション能力がしっかりと測られているために、患者に対してのアプローチをしっかりとしている方が多いと言えなくもないのではないでしょうか?

最近はその傾向が良い方向に向いたために、歯科医院の中に、いわゆるカウンセリングをする部屋が設けられているところもあるようで、治療に対しての言いようのない不安や不満などをしっかりと専門のカウンセラーに話したりすることで、今後の治療方針や治療の方法について腹を割って話し合うことができるという場面も増えているようですね。

このように昔は治療が痛いというものの代表でもあった歯科治療ですが、近年では、治療技術の向上だけでなく、患者のケアにも積極的に取り組んでいる姿勢が見えるために、今や精神的な負担も相当少なくなってきていると言えるのではないでしょうか?ちなみに、このようなカウンセリングルームを持っている歯科医院というのは、それぞれの歯科医院のホームページなどからも確認することができますのでおすすめです。

-歯医者の選び方

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2018 All Rights Reserved.