歯医者の選び方

歯科医院で働く人

更新日:

歯科にはどんな人が働いているのかといえば、日本全国には実はコンビニエンスストアよりも多い歯科医院が存在しており、その中には、歯科医師だけではなく、歯科衛生士、歯科医師、歯科助手などといった専門的な技術を持った人々が働いているわけです。大きな歯科医院であれば、十数人が働いていることもありますが、小さな歯科医院であれば、2人で行っているというところもあります。一般的に、歯科医院の規模が大きければ大きいほど、資金力もあるというふうに考えても良いため、最新の治療技術などが揃っているという風にも考えていいかもしれません。 話を戻して、歯科医院にどんな人が働いているのかということですが、あなたがまず医院内に入ると座っている人がいますが、その方は、一般的に歯科助手と呼ばれていて、院内の事務や経理であったり様々なところで、歯科医院が健全にできるよう、サポートする役目を担っています。たとえ、国家資格が不要であったとしても、インターネットの予約の確認や、取り消し電話の対応、治療費の会計や、器具の洗浄など裏方とも言える仕事を全てになって行なっているのが、歯科助手なのです。このような人がいなければ、適切に歯科医院を運営することは、まずできないと言えるでしょう。ただ、大手デンタルクリニックなどでは、歯科助手の方にも治療をサポートしてもらい、受付の人を別に雇っているというケースもよく見かけるようですから、注意して見てみるといいかもしれません。次に、待合室を見渡して、認定証や額縁に入った紙などが飾られていた場合は、それらをチェックしてみるのもいいでしょう。○○学会から表彰をされました、などという風に書いている場合には、その先生はその学会に関する治療方法が得意であるという風に見ていいかもしれません。

-歯医者の選び方

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2018 All Rights Reserved.