歯医者の選び方

予防サービスが受けやすい社会をめざす

更新日:

日本では1995年より老人保健事業に歯周疾患検診が導入されています。しかしながら、その受診率は5%程度と極めて低いことが分かっています。各自治体における歯周疾患検診の実施率も、基本検査診査やがん検診などの成人検診に比べると極めて低い状態です。また、今後の急速な高齢者人口の増加にともない、歯科疾患の予防行動に対する国民の意識の自発的高まりを期待するのは現実的には難しいと考えられています。

つまり、日本においては予防行動への政策的な誘導が必要であり、予防目的での歯科医療機関への受診の普及には経済的誘導策も必要であると言えるのです。予防サービスを受けると全額負担となってしまうような現状の日本の歯科医療制度はやはり改善されるべきです。予防サービスに対する十分な保健給付をすることで、特に高齢者の金銭的負担感を軽減させなければなりません。

-歯医者の選び方

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2019 All Rights Reserved.