歯のケア

在宅歯科医療の普及と充実

更新日:

平成28年度の歯科疾患実態調査では、8020達成者は51.2%と半数を超えたとされました。しかし、今後ますます在宅医療を必要とする高齢者が増え続けると、たとえ歯が丈夫だとしても、自分でうまく磨けない、上手に飲み込めない、などの口腔トラブルを抱える高齢患者が増えることが予想されます。そこで日常的な在宅口腔ケアがますます重要になってくるのです。超高齢化社会を迎えるこれからの日本において、歯の健康もふくめた口腔健康管理が新たな歯科医療の分野となりつつあります。具体的には摂食・咀嚼などの口腔機能の回復、および食生活支援もふくめた在宅歯科医療。それらを通じた新たな試みの重要性が今まさに日本の歯科現場で求められているのです。

通院が困難であることが在宅歯科医療の対象となる患者さんの特徴です。.通院困難となる原因には、脳血管疾患や骨折、認知症、神経内科的疾患など様々ですが、そういった患者さんのほとんどが介護を必要とする高齢者と言えます。全身状態は比較的安定している高齢者もいるものの、いわゆる終末期と言われる末期癌の高齢者や緩和ケア受療中の高齢者もも存在します。そのため通常の外来 診療とはちがって「食べること」や「生きること」などの「ケ ア」および「リハビリテーション」を中心とした対応も求められることが多いでしょう。

健康で豊かな人生をおくることは、個人が尊厳ある天寿を全うするために欠かせない要素です。日本は今後、すべての国民が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会にむけて、国民の健康な口腔機能の維持を最重要課題のひとつに掲げて真剣に取り組んでいかなければいけません。あらゆる世代の幸せな人生のために、私たちが暮らす日本は今後新たな歯科医療の姿を構築していかなければならないのです。

-歯のケア

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2019 All Rights Reserved.