Uncategorized

これからの日本人に必要な歯への意識変革1

更新日:

たしかに普段の生活を見返してみると、私たちのしあわせな生活には健康な歯がなくてはなりません。好きな時に、好きな場所で、好きなものを食べられる、ということは、幸せな人生に欠かせない要素です。だからこそ私たち日本人にも、歯への意識変革がいままさに求められているのです。

厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が推進している「8020(ハチマルニイマル)運動」は、80歳の時点で20本以上の自分の歯を保つことを目的としたプロジェクトです。歯が20本以上あれば、ほとんど不自由なく咀嚼ができて満足な食生活を送れる、と言われています。日本以外のスウェーデンやフィンランドなどの北欧の歯科先進国では、なんとこの「80歳で平均残存歯20本以上」という健康目標がすでに達成されています。スウェーデンでは、歯医者さんへの定期受診率は大人で80~90%、子供では100%だとされています。北欧などの寒い地方では、冬の間は各家庭で作られた塩漬け肉や干し魚などの硬い保存食を食べなければならないため、歯が悪くなることは生命の危険に直結していることにもなりかねません。そのため昔から北欧の人々は歯を大事にするという習慣が大切に守られ暮らしとともに歯を守るための習慣が根付いているようです。しかしそんなスウェーデンも、かつては虫歯大国といわれる日本より子どもの虫歯が多い国でした。しかし約30年前に国を挙げて国民の虫歯根絶に取り組んでからは、スウェーデンの子どもの虫歯は日本の約10分の1以下に減ったと言われ、いまや虫歯ゼロ大国スウェーデン式の予防歯科から学ぶべきことが多くあるほどになりました。たとえば、スウェーデンでは、まだ歯が生えていない赤ちゃんのときから授乳後に歯ブラシを口の中に入れて自然に歯ブラシに慣れさせるのが当然だそうです。そうすることで子どもは乳歯が生えてから急に歯ブラシを入れられることにストレスを感じなくなり食後に歯磨きをすることに抵抗を覚えなくなると言います。また、同じく北欧のフィンランドにも学ぶべきアイディアがあります。フィンランドでは、歯磨きやフッ素のほかにキシリトールを食後に摂ることが推奨されています。天然由来の甘味料キシリトールには、虫歯の原因となる歯垢や酸をつくらないように働きかける力があるため、甘いおやつの代わりにキシリトール入りのガムやタブレットを摂るのが子どもたちの当たり前のスタイルなのです。

-Uncategorized

Copyright© おすすめの千歳烏山の歯医者18選 , 2019 All Rights Reserved.